日創の建物劣化調査診断





建物も人と同じですどんな建物でも生まれた瞬間から老化が始まり竣工当初の若々しさを維持するためには、 劣化の度合いを調査し、それに応じた適切な処置を施す必要があります。定期的に診断を受け、建物の健康状態を把握することがベストです。

<屋上・屋根に水が溜まっていませんか?>
特定の場所に水が溜り続けることによって保護コンクリートや露出防水層の劣化が進んでゆきます。

<屋上に浮き上がりやひび割れがありませんか? >
欠損により防水層に傷がついたり、やがて防水層が露出する可能性もあります。
アスファルト露出防水工法の場合、表層の破断は直接の漏水の原因となります。

<屋上に雑草が生えていませんか? >
草木の根のパワーは強力です。防水層を突き破って漏水の原因にもなります。
ドレン(排水口)にゴミが詰まっていませんか?
ドレン(排水口)の状態の劣悪さは、屋上に溜まった雨水の捌けが悪くなってしまうため雨漏りの原因になってしまいます。

<パラペット部に欠損はありませんか?>
パラペット部の欠損は建物全体の劣化の目安になります。


<外壁にひび割れや欠損がありませんか?>
  
コンクリート部分に外気や雨水が侵入し劣化が促進されます。外壁コンクリート落下の事故につながる危険性も!
窓まわりにすき間はありませんか?
窓と外壁の結合部分(シーリング)を点検しましょう。劣化を放置すると、水が侵入して建物の内部に漏水を引き起こします。
外壁の中の鉄筋部分が露出していたり、鉄筋部分が劣化していませんか?
建物を支える鉄筋の腐食で体積が増えることにより、鉄筋が表面のコンクリートを押し出して露出してしまうことがあります。(鉄筋爆裂)
脆弱化が脆弱化を招くので早めの対処をおすすめします。

<外壁を触ると白い粉のようなものがつきませんか?>
外壁を触ると白い粉のようなものがつくことをチョーキング(白亜化)と言います。
この症状は経年劣化が大分進んでいるという目安として診断されます。
外壁の汚れ、カビや藻が繁殖していたりしませんか?
壁が汚れていたりするのは経年劣化が進んでいる証拠です。また、建物の美観を損ねる為資産価値の低下にも繋がります。
<軒裏にひび割れや欠損がありませんか?>
表面コンクリートが欠落し鉄筋が露出する可能性があります。
天井・壁などに漏水箇所やシミがありませんか?
放置すると侵入した水が建物全体に大きな影響を及ぼしかねません。早急な処置が必要です。

診断は一次、二次、三次診断まであります。目視打診診断、赤外線非破壊による調査、
ゴンドラを架設しての調査などです。
ニッソーはどんな小さな規模の調査でも専門技術者の熟練した目で細かくチェックしします。

<関西圏の大規模修繕工事なら蠧創へ072−436−5653譟
トラックバック
この記事のトラックバックURL