高齢者専用賃貸住宅<高専賃>とは

JUGEMテーマ:モブログ
 
 
■高齢者専用賃貸住宅とは

高齢者専用賃貸住宅とは、高齢者の入居を拒まない「高齢者円滑入居賃貸住宅」のうち、専ら高齢者を賃借人とする賃貸住宅をいいます。

 
■高齢者専用賃貸住宅の登録
高齢者円滑入居賃貸住宅としてご登録いただく事項に加えて、以下の事項を追加登録いただくことで、高齢者専用賃貸住宅としての登録をすることができます。
(追加登録事項)
・高齢者専用賃貸住宅の戸数
・敷金(家賃滞納等を除き、原則返還されるもの)、敷金以外のその他一時金(一定の期間で償却される
 ものを含め、原則返還されないもの)の概算額
・家賃を前払金として受領する場合は、前払家賃の概算額
・家賃を前払金として受領する場合は、前払家賃の保全措置の有無
・各住戸における台所、水洗便所、収納設備、洗面設備及び浴室の有無
・共同利用する居間、食堂、台所、収納設備及び浴室の有無
・食事、入浴、排せつ又は食事の介護、洗濯、掃除等の家事、緊急時対応等安否確認、健康管理等の
 日常生活に係るサービスの有無
・特定施設入居者生活介護の指定の有無
 
なお、高齢者専用賃貸住宅は、賃貸借契約を結ぶ住宅のみが対象となり、それ以外のいわゆる利用権等の契約による住まいは登録の対象になりません。
 
 
■高齢者専用賃貸住宅の取り扱いについて
高齢者専用賃貸住宅としての登録がされた住宅のうち、下記告示の要件を満たすものは、
  老人福祉法に規定する有料老人ホームの定義から除外され、有料老人ホームの届出が不要となります。
  適合高齢者専用賃貸住宅として都道府県知事へ届け出ることにより、介護保険法に規定する特定施設入居者生活介護の対象となります。
これらの取り扱いについては、詳しくは都道府県の福祉部局にご確認ください。
(要件) <平成18年 厚生労働省告示第264号>
・各戸の床面積が25岼幣紂糞鏨屐⊃堂、台所その他、高齢者が共同して利用するために十分な面積を有する共用設備がある場合は18岼幣紂
・原則として各戸に台所、水洗便所、収納設備、洗面設備及び浴室(共用部分に共同して利用するため適切な台所、収納設備又は浴室を備えた場合は、各戸が水洗便所と洗面設備を備えていれば可)
・前払家賃を受領する場合は、保全措置を講じる 
・入浴、排泄もしくは食事の介護、食事の提供、洗濯、掃除等の家事又は健康管理を実施
   <財団法人 高齢者住宅財団抜粋>


<医療施設、福祉施設の修繕工事,外壁改修工事なら蠧創へ072−436−5653譟
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL