大規模改修工事概要

<大規模改修工事概要>

1.足場仮設工事
大規模工事において最初に行われる工事が足場仮設工事です。
足場は施工品質や安全性の面から見てもとても重要な役目を持っています。ただ作業性だけを考えるのではなく、居住者の方々への配慮も忘れる事はできません。

2.シーリング工事
マンションの外壁をよく見ると建物は異なる部材の集まりになっています。
建物の部材と部材の接合部の目地や建物の窓硝子やサッシの周囲にシーリング材(ゴム状のもの)を充填し、目地部から水の侵入・空気の通過を防止するために行う工事です。
充填されたシ-リング材が、水密性・機密性を確保して漏水を防ぐことを目的としています。

3.躯体補修工事
建物本体(コンクリート)のひび割れ、鉄筋爆裂、欠損、浮きなどを補修し、建物の寿命を延ばすと共に、その後に行う「塗装工事」「防水工事」においての仕上がりに大きく影響する工事です。どんなに良い塗装材や防水材を用いても、この躯体補修をしっかりしなければ建物を保護する事はできなくなってしまうので、非常に重要な工事です。

4.塗装工事
大規模工事において、塗装工事は「鉄部塗装」と「内外壁塗装」の2つに分ける事ができます。鉄部塗装は文字通り「鉄」を保護する為に行う工事で、必ず錆止めを塗装します。内外壁塗装は様々な仕様がありますが、鉄部・内外壁共に塗装面を保護する役割と美観を復元する役割とがあります。いずれにしても規定の膜厚(材料の厚さ)を確保しないと劣化が早く進行してしまいます。

5.防水工事
施工部位としては、屋上・屋根・庇(ひさし)・バルコニー床・開放廊下床・階段床などが中心で、工法としては、大きく分けると_塗膜防水_シート防水_アスファルト防水の3つに分類されます。降雨水等の侵入防止、給排水等の漏水防止を目的とし、建物の最低条件である生活環境を守るという面でも躯体補修と同じように非常に重要な工事です。
6.建築改修工事
工事の内容で種類が一番多いのが、この建築改修工事です。手摺交換・換気ガラリ交換・雨樋支持金物交換・避難ハッチ交換をはじめとする金物工事や掲示板の交換やエレベーター扉の改修(シート貼り)駐車場の拡幅や新設など種類がとても多く、また材料についても様々な種類があります。マンションのイメージを大きく替える事のできる工事と言って良いでしょう。
トラックバック
この記事のトラックバックURL