外壁改修工事の必要性

築年数を経た建物外壁の劣化には様々なものがありますが、複数の原因が関与し合って発現する事例も少なくありません。 外壁の劣化は、建物の美観を損なうだけでなく、構造体の損傷を促進して全体の劣化を早め、放置すると重大な事故にもつながるので、早期の適切な診断と改修工事が大切です。 よく見られる劣化現象であるひび割れ(クラック)は、地震などで建物に大きな外圧がかかったり、温湿度の変化によってコンクリートの体積が変化したりすることが原因で起こると考えられます。 シーリング材の劣化も、放置することで深刻な影響をもたらすものです。 シーリングは気密性や水密性保持などの重要な役割を持っていますが、経年によって本来あるべき伸縮性が低下したり、破断やにじみ(ブリード)による塗膜汚染など、劣化の程度によっては全面打ち替えとなることもあります。 鉄筋コンクリートでは、鉄サビによる爆裂や鉄筋の露出、コンクリートの押し出しといった劣化現象が代表的です。 主にはひび割れから雨水や炭酸ガスがコンクリートを中性化することで、鉄筋のサビが進み、体積が膨張して周りのコンクリートを破壊することが原因とされています。 その他、下地のモルタル材の浮きも、ひび割れから水分が浸入することで外壁材の劣化や剥落などを起こすので注意が必要です。               外壁改修工事で資産価値に直結する美観を保持 外壁の劣化は躯体の損傷を早めるだけでなく、外観にも影響を与えます。 白亜化(チョーキング)は、指で触れると白い粉が付くので分かりやすい劣化現象です。 これは、吹きつけ仕上げの古い外壁表面の樹脂や顔料が紫外線や雨などで分解し、塗膜が粉状に変化して、保護機能が低下した状態です。 雨だれによる筋状の汚れ、カビや藻、苔類の付着は、建物の美観を著しく損ねます。 これらの問題は、温湿度など環境要因も大きく関与していますが、高圧洗浄と殺菌処理を施した上での塗装工事が必要です。 その他、塗膜の浮きやふくれ、亀裂、剥離、褪色や変色、古い部分補修の跡など、外観を損ねる劣化現象は、建物自体の安全性はもとより、資産価値の維持において大きなマイナス要素となります。 多くの劣化事例について豊富なノウハウを持った信頼できる専門の業者に外壁工事を依頼し、建物のダメージを最小限におさえましょう。

足場ガイドライン。

国土交通省 足場ガイドライン http://www.hrr.mlit.go.jp/kensei/sangyo/kensetsu_joho/koushukai/h28access001.pdf

もうすぐ10年!

おはようございます。 早いものです。 今年も残すところ、2か月を切りました。 歳のせいか年々早く感じています。 話は変わりますが弊社、株式会社日創の [ポジティブブログ]を立ち上げてもうすぐ10年です。 あっと言う間でしたが、ホントにいろんな事がありました。 大変だった事、辛かった事、嬉しくて涙した事、沢山あり過ぎて語り尽くせません。(^-^; 内心、あまりに忙しくて、なかなかブログも更新が出来ず、疎かにもなりました。 邪魔臭く何度やめようかと思った事も正直ありました。 未だチョット手抜きになる時も正直ありますがお許しください。m(__)m そんなこんなで続けて来れたのも、 お世話になった沢山のクライアント様に支えられ、協力会の皆様から多大なご協力も頂き、無事事故も無くここまでこれました。 本当に感謝の念が絶えません。 そんな思い出も詰まったブログ。 ドタバタブログですが、これからも益々精進して継続して参りたいと存じます。 これからも、何卒よろしくお願申し上げます。 中西浩幸

某病院解体工事

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=503457900034888&id=100011120474895

思い出深い施設の解体です。
いろいろ思い出をありがとう。